【視覚障害って】

 目が見えない人は何もできない?
 そんなことはありません!目で確認すること以外なら、何でもできます。
 人間は情報の90%以上を視覚によって得ています。視覚を充分に利用できないと、移動や読み書きなど、日常生活が困難になります。だから、視覚障害者には、情報補償が必要なのです。
 では、どうやって補償するのでしょうか?
 感覚代行。聴覚、触覚、嗅覚をフルに活用するのです。
 視覚情報を聴覚、触覚で代行させるには、情報の加工が必要です。文字を読みあげる、情報を言葉で伝える、点字や拡大文字に変換するなど、人の介在が不可欠です。それ以上に視覚障害者の経験や能力開発や工夫も必要なのです。
 (最近では、IT技術が発達し、障害者自身が情報を加工できるようになってきています。

【不自由を感じている方へ】 

 目が見えないと、困ることが多いものです。文字の読み書きと外出(移動)は大きな問題です。
 でも、あなたは一人ぼっちではありません。
 視覚障害者の先輩たちはいろいろ工夫や知恵を働かせてそれぞれ生活を楽しんでいらっしゃいます。
 私たちガイドヘルパーもご一緒にお手伝いします。
 大丈夫!人の手助けや知恵を借りればいいのです。
 そして、借りた手助けや知恵をあなたも誰かに貸してあげてください。
 福祉事務所への申請にもご一緒します。
 (ただし、身体障害者手帳に該当しない場合、実費を申し受ける場合があります。)
 どうぞ、お気軽にご相談ください。


【ご家族の方へ】

 視覚障害のご本人同様、ご家族の悩みも多いことでしょう。
 食事の手伝いかた、誘導のしかたなどもご案内します。
 ご家族の方もお気軽にご相談ください。



トップへ戻る