【ガイドヘルパーとは】

視覚障害者が外出するのは大変です。
単独歩行ができる人や盲導犬使用者もいますが、ガイドヘルパーをお願いするのが一般的です。

【ガイドヘルプサービスとは】

 ガイドヘルパーの仕事

屋外での移動に著しい制限のある視覚障害者のための介護サービスです。
社会生活上必要不可欠な外出及び余暇活動等社会参加のための外出にご一緒します。
目的地までの切符購入、駅名表示、案内板の確認、正しい交通機関の選択支援と乗車降車、交通信号の確認、買い物の際の金銭受領、連絡先の住所、電話番号を言う(書く)等の外出時の付き添いをします。
(ただし、通勤、営業活動等の経済活動に係る外出、通年かつ長期にわたる外出及び社会通念上適当でない外出を除きます。)
原則として1日の範囲内で用務を終えるものに限ります。
また、原則、午前8時から午後6時までの範囲で行います。

【サービスを受けることのできる方】

  重度の視覚障害をお持ちの方。(身体障害者手帳)

障害者自立支援法制度 地域支援事業(同行援護)制度に該当する方
福祉事務所で受給者証を支給された方


トップへ戻る